映画『ハーダー・ゼイ・カム』

CAST&STAFF

主演:ジミー・クリフJimmy Cliff

1948年4月1日 ジャマイカ、セント・ジェームズ教区生まれ。本名ジェイムズ・チェンバース(James Chambers)。レゲエ界で常に成功してきたアーティストの一人であり、彼のキャリアは早期のスカの時代から現在まで及んでいる。
ジャマイカが英国から独立した年でもある1962年にレコード・デビュー。同年には、「ディアレスト・ビヴァリー」が初めてのヒット曲となる。1965年に活動の場をロンドンに移し、1967年にファースト・アルバム『ハード・ロード・トゥ・トラベル』を発表。 1972年には映画『ハーダー・ゼイ・カム』に主演し、音楽担当として映画のサウンドトラック盤にも参加、主題歌のヒットと共に一躍有名になる。 1978年、来日公演を行う。1985年発表のアルバム『クリフハンガー』でグラミー賞を受賞。本作収録の「ブラウン・アイズ」にはベーシストのジャコ・パストリアスが参加。1993年、コメディ映画『クール・ランニング』の主題歌「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ」(ジョニー・ナッシュのカヴァー)が大ヒット。2005年には、日本のTVドラマ『エンジン』(主演:木村拓哉)の主題歌にもなった。1999年レゲエイベント「ジャパンスプラッシュ」で来日、トリを務めた。 21世紀に入っても精力的に活動を続け、2012年、7年振りのニュー・アルバム『再生~REBIRTH』(ユニバーサル・ミュージック)をリリース。翌年には東京と大阪で来日公演も果たした。また、本年2014年5月にも来日公演、並びに野外フェス〈GREENROOM FESTIVAL'14〉にもヘッドライナーとして参加する。

監督:ペリー・ヘンゼルPerry Henzell

1936年3月7日 ジャマイカ生まれ。英国とカナダ・モントリオールで学ぶも、ドロップ・アウトし、ヨーロッパをヒッチハイクで放浪する旅に出る。その後BBCに職を得て、1950年代に生まれ故郷ジャマイカに戻りCMの世界で活躍。1972年、初監督作『ハーダー・ゼイ・カム』を製作。その後、監督第2作"No Place Like Home"を製作するも、資金不足の問題から製作が暗礁に乗り上げてしまい、彼自身も無一文となり、作家の道に進む事となる。1982年に処女小説"Power Game"を出版。その後も引き続き"No Place Like Home"の完成に奔走するも、映画が完成するのは晩年の事となり、2006年9月第31回トロント国際映画祭で上映された。映画はその年の12月上旬にジャマイカ・ネグリルで行われるFlashpoint Film Festival に出品される予定であったが、その直前、2006年11月30日、7年間の闘病の末ジャマイカにおいてガンで他界した。死後、ジャマイカ映画産業の土台を作り上げた功績を称え、ビデオ・フィルム・プロデューサー協会から表彰された。生前のインタビューでヘンゼルは、映画『ハーダー・ゼイ・カム』の主人公アイヴァンはラストで死んだとは限らないと応え、続編となる"The Harder They Come Ⅱ"の制作への意欲もにじませていた。


7/5(土)~7/18(金)渋谷HUMAXシネマにて2週間限定レイトショー!